1. Home
  2. リフォーム
  3. 外壁リフォーム 3つの方法

外壁リフォーム 3つの方法

  • 塗り替え
  • 張り替え
  • 重ね張り

塗り替え

手順 <施工方法>

足場を組みます(工事後に撤去します)

外壁の状態を確認し、洗浄や補修します

塗装します(下塗り・中塗り・上塗り)

足場を外して完成です

特徴 <メリット・デメリット>

POINT

  • リフォーム費用が安い
  • 仕上がりは安定しないことも
  • 塗り替え後もメンテナンスが必要でトータルで割高になることも

張り替え

手順 <施工方法>

足場を組みます(工事後に撤去します)

既存の外壁を剥がし、劣化した躯体などを補修します

新しい外壁材を張ります

足場を外して完成です

特徴 <メリット・デメリット>

POINT

  • 仕上がりは新品同様で満足
  • 躯体のチェックもできて安心
  • リフォーム費用としてはかなり高い
  • メンテナンス費は抑えられる

張り替え工法商品窯業サイディング『AT-WALL』

新築さながらの仕上がり。“張り替え工法”に適しています。

POINT1

バリエーション豊富な商品で、新築同様の仕上がり。

新築で多く使われている窯業サイディングだからこそ、思い切ったイメージチェンジが可能です。彫りの深い立体感のある意匠で、多彩な色、柄を用意しました。継ぎ目感のない、すっきりとした壁面を実現できる「ガーディナル」「ガーディナルSmart」、さらには雨で汚れを洗い流すセルフッ素コートEXE/PLUSなど、多機能な商品からお選びいただけます。

POINT2

既存壁剥がしで、防火性・防水性・耐久性がアップし、建物の寿命を延ばします。

既存の外壁を剥がすことで、建物の柱やはり、下地に老朽化が見られた場合、耐震補強など目に見えない部分も合わせて手直しすることができます。愛着のある我が家に長くお住まいいただくために。※AT-WALL本体での耐震補強はできません。この工法の採用にあたっては日本窯業外装材協会の発行する「窯業系サイディングを用いた住宅外装のリフォームマニュアル」に沿って工事を行ってください。また下地の劣化状況によっては、施工できない場合がありますので、事前検証を必ず実施してください。

AT-WALLの商品性能

美しさ長持ち。汚れにくく、優れた耐久性の外装材。
セルフッ素コートは超多機能

セルフクリーニング機能付外装材 ページへ 特徴詳細ページへ 商品ラインナップへ

継ぎ目感がないすっきりとした意匠の外装材

「ガーディナル」「ガーディナルSmart」は、美しい壁面を実現するために旭トステム外装が独自に開発した、継ぎ目にシーリングのないシーリングレス工法を採用しております。一体感のある美しい壁面が実現できる画期的な商品です。

「ガーディナル」
「ガーディナルSmart」ページへ

重ね張り

手順 <施工方法>

足場を組みます(工事後に撤去します)

外壁の状態を確認し、洗浄や補修をします

今の外壁材の上に、新しい外壁材を張ります

足場を外して完成です

特徴 <メリット・デメリット>

POINT

  • 仕上がりは新品同様で満足
  • メンテナンス回数やトータスコストは抑えられます
  • リフォーム費用は中間

樹脂サイディング 『WALL-J』

過酷な気候条件のアメリカ・カナダで50年以上の歴史を持つ樹脂サイディング。耐久性・経済性に優れ、日本の気候風土にも合う外装材です。

Point1 デザイン

写真の色は天候・時間などの撮影条件により見え方が異なる場合がございます。また、実物は写真の仕様と異なる場合がございます。写真はイメージです。

Point2 建物の性能UP

今のお家にプラス!

金属サイディング『Danサイディング』

Point1 デザイン

Point2 建物の性能UP

快適・安心を今のお家にプラス!

外壁リフォームに戻る