住宅外観スタイルガイド 『美住』
住宅外観基本スタイル
美住からのトレンド情報
コーディネイトセンスアップ講座
パーツ選びのテクニック
エクステリアデザインの工夫

パーツのコーディネートテクニック

エクステリアデザインが最後の決め手です。

エクステリアに気を配ることは、自分の家だけのためではなく良好な景観をつくる公共的な観点からもその重要性が高まっています。

オープン外講を採用する

道路や隣の家との境界をなるべくフラットにすることで道路幅が広く見え、景観にゆとりが生まれます。

門柱やアプローチの床、フェンスのデザインを揃える

アプローチ部分の床や門柱、フェンスなどは、玄関周りの仕上げと色や質感を揃えると、トータルなデザイン性がアップします。

アプローチの変化を付ける

道路に対して玄関の角度を変えたり、門塀を立体的に設置することでゆとりが生まれます。

駐車スペースにも気を配る

クルマの置かれていない場合も想定しタイルの植栽でデザインします。

いろいろな植栽の活かし方

1本のシンボルツリーが、絵になる景色を作ります。
敷地の境界領域を植え込みのスペースに活用した例です。
プランターの花が、やさしさと華やかさをもたらします。
塀のすき間に植えた植栽により通りからの眺めに潤いを感じます。

このページのトップへ