1. Home
  2. 外壁コラム
  3. 人気ダントツNo.1の外壁材 サイディングの特長・種類を徹底分析!

人気ダントツNo.1の外壁材
サイディングの特長・種類を徹底分析!

国内の新築戸建ての80%超に使われている外壁材「サイディング」。どうしてそんなに使われているのか。またどんな素材のサイディングがあるのか。家づくりの前に知っておきたい、サイディングの種類や特長をご紹介します。

サイディングって何ですか?

サイディングは外壁を仕上げる工場生産の板材です。多くのタイルのように1枚1枚張り合わせることもなく、モルタルのように広い面積を塗り上げていくこともありません。だから、短い工期で仕上げられます。また、初期費用(材料費+工事費)もタイルやALCに比べると安価と一般的に言われています。

日本では主に4種類のサイディングが使用されています。詳しくは下の01~04をクリック!

  • 01 窯業系サイディング
  • 02 金属サイディング
  • 03 樹脂サイディング
  • 04 木質サイディング

01 Ceramic 01 Ceramic

KING OF SIDING
窯業系サイディング

“ようぎょうけい”と読みます。国内の新築戸建使用率は驚異の70%超え!セメントをベースに、繊維を配合して窯(かま)で仕上げたサイディングです。

Point

Feature1
ラインナップがものすごい
石柄やタイル柄、木目柄などバラエティ豊富で幅広い外観スタイルに対応できます。
タイルに負けない陰影感のある柄デザインや、モルタルのような風合い豊かな仕上げなど、デザイン性の高さが大きな魅力です。
Feature2
タフな安心性能
セメントベースの硬い素材なので衝撃や地震などの揺れに強いのが特長です。また優れた防火性能で火も燃え移りにくく、たとえば都心の密集地でも広く使用されています。
Feature3
美しさをキープする先進機能
紫外線などによる色あせ・変色を抑える塗料や、汚れを落としやすくする防汚機能など、美しさを長期にキープできるシリーズが人気です。色あせ・変色のメーカー保証が30年も付く商品が登場するなど、年を追うごとに機能の向上が見られます。
施工例

02 Metal 02 Metal

軽いくせして、しっかりもの。
金属サイディング

金属の表面材と、ラミネート紙などの裏面材で、断熱材をサンドイッチした外壁材。新築はもちろん、近年はリフォーム建材としても注目されています。

Point

Feature1
寒さに強い
寒暖の気温差で劣化が起こる「凍害」に強いのが金属サイディングの大きな特長。寒冷地でも安心して使用できます。
Feature2
建物にやさしい軽量素材
窯業系サイディングの約1/4の軽さで、躯体への負担が少ない軽量素材。既存の外壁の上に重ねて張り上げる「重ね張り」リフォームも可能です。
Feature3
金属ならではの質感
モダンな外観にぴったり、メタリックな表情の商品が人気。他の素材にはない、スタイリッシュなデザインです。
施工例

03 Resin 03 Resin

USA! USA! USA!
樹脂サイディング

アメリカやカナダで広く使用されている樹脂サイディング。薄くて軽い、でも強度のある樹脂素材で日本でも徐々に注目されている素材です。

Point

Feature1
塩害・凍害に強い
サビません。寒暖差でも劣化しません。なので、潮風の吹き付ける海沿い地や、気温の低い寒冷地域でも、しっかり住まいを守ります。
Feature2
塗り替え不要
色あせや変色に強く、長期に渡って美しさをキープします。
Feature3
超軽量素材
金属サイディングよりさらに軽い素材です。躯体への負担を軽減します。
施工例

04 Wood 04 Wood

  • イメージ
天然木のやさしい壁。
木質系サイディング

天然の木に塗装を施したサイディングです。自然そのものの質感や温もりある仕上がりで、こだわりを感じさせる外観に仕上がります。

  • いずれもイメージです。

Point

Feature1
なんといっても天然木
当たり前ですが、1枚1枚違う表情を持っています。張り上げると味わい深い壁面に仕上がります。

サイディングは素材によって個性がいろいろ。好きなスタイルや、住んでいる地域によってもセレクトが変わってきます。また、将来的なメンテナンスも視野に入れて選ぶのがスマートですね。

窯業系・金属・樹脂サイディングの
より詳しい情報はこちら!

商品案内

その他のコラム