1. Home
  2. 外壁コラム
  3. 人気で選ぶ?こだわりで選ぶ? 外壁材の種類・特徴をざっくりまとめました。

人気で選ぶ?こだわりで選ぶ?
外壁材の種類・特徴をざっくりまとめました。

外壁材って何を気にして選べばいいんだろう。見た目の違いはなんとなくわかるけど、詳しい素材や機能の違いはよくわからない。というか、それってそんなに重要なこと?そんなあなたに読んでいただきたい、外壁材の種類と特徴をざっくりまとめたコラムです。素材ごとのポイントを人気順にご紹介します。

せっかちな人向け!
特徴を比較した早見表はこちら

01 Ceramic 01 Ceramic

日本の戸建住宅シェア70%超え!
窯業系サイディング

いま、国内で圧倒的に使われているのが窯業系サイディングです。セメントを主原料に、大きな窯(かま)を使って製造するので“窯業系(ようぎょうけい)”と呼ばれています。人気の素材だけあって、新デザインや新技術がぞくぞくと登場しています。

ここがツボ!

カラーリングや柄デザインが豊富

多彩なデザインで幅広いコーディネイトに対応しています。

優れた耐久性・メンテナンス性

色あせや変色を抑える塗料や、汚れにくい防汚機能などの機能が充実。

工場生産なので品質が安定

規格がしっかりしているので同じ品質をキープ。

ここがちょっと・・・

継ぎ目に入るシーリング材

サイディング同士の継ぎ目に、シーリング材という弾力のある素材を打ち込みます。継ぎ目が強調されてデザイン性を損ねるだけでなく、経年による劣化もあるのがネックです。

→ シーリング材を使わない商品も!詳しくはこちら

施工例

02 Metal 02 Metal

軽くて、強くて、スタイリッシュ!
金属サイディング

戸建住宅の約10%に使われている金属サイディング。金属の表面材と、ラミネート紙などの裏面材で、断熱材をサンドイッチした外壁材です。

ここがツボ!

軽量で躯体への負担が少ない

地震などの揺れによる建物への影響が少ない軽量素材です。

耐凍害性に優れている

寒冷地で使用した際に、寒暖の気温差で起こる素材の劣化(凍害)が起こりにくいと言われています。

スタイリッシュなデザイン

金属ならではの質感を活かした商品が人気です。

ここがちょっと・・・

リアルさに欠けるデザイン

たとえば石柄や木目柄、レンガ柄など、金属を曲げて柄をつくるので、再現性がいまいちに感じられることも。

→ 先進技術でリアルなデザインの商品も。詳しくはこちら

施工例

03 Mortar 03 Mortar

  • いずれもイメージです。
手仕事だからこその温もり。
モルタル

モルタルは戸建住宅の約6%に使われている外壁材です。砂とセメントと水を混ぜ合わせ、現場で職人が塗り上げます。色の種類も多く、味わい深い表情をあしらうことができます。

  • いずれもイメージです。

ここがツボ!

やさしい素材感のある仕上がり

ナチュラルな風合いや、手仕事ならではの味のある仕上がりが人気です。

自由度が高いデザイン

職人がコテやローラーで表情を作っていくので、幅広い仕上げオーダーが可能。

ここがちょっと・・・

ひび割れが発生しやすい

地震などの揺れなどで、ひびが入りやすい素材です。躯体に水がまわってしまうので、こまめなメンテナンスが必要の場合も。

04 ALC 04 ALC

「アルク」じゃなくて「エー・エル・シー」
ALC

内部に無数の気泡を含ませた軽量のコンクリート素材「ALC」。耐久性や断熱性に優れ、戸建住宅だけでなく中低層のビルにも使用されている外壁材です。

ここがツボ!

耐久性の高いコンクリート素材

塗装によっては長期間メンテナンス不要と言われるほどの耐久性を備えています。

優れた断熱性

内部の無数の気泡により、外気の変化が室内に伝わりづらい素材です。

ここがちょっと・・・

吸水性が高い

塗膜の劣化によって内部まで水分が浸入すると、寒暖差でヒビが入ることも。

05 Tile 05 Tile

頭ひとつ抜きんでた高級感。
タイル

粘土や無機質の原料を板状にして焼き固めてつくられます。他の素材に比べて立体感や風合いがあり、プレミアムな印象の外観に仕上げられます。

ここがツボ!

目をひく存在感

重厚な仕上がりでスタイルを問わず雰囲気のある外観に。

高いメンテナンス性

無機質素材で構成されていることが多く、耐久性・耐候性に優れています。

ここがちょっと・・・

初期コストが高い

高級外壁だけあって、やはり他の外壁材よりコストがかかることが多いようです。窯業系サイディングの2倍ほどかかると言われています。

外壁材の特徴比較

価格 国内の使用シェア バリエーション 耐久性 メンテナンス性 施工性
窯業系サイディング 70%以上
金属サイディング 約10%
モルタル 約6%
ALC 約1%
タイル 1%以下

窯業系サイディングや金属サイディングは、コストと機能のバランスに優れています。建築現場でパネル状のサイディング材を張り上げるので施工のクオリティも安定しています。タイルやモルタルの高級感や雰囲気は、こだわり派の方に人気があります。

外壁材は家の印象を大きく左右する大事な建材です。

お気に入りのスタイルに仕上げられるかはもちろん、汚れにくさや将来のメンテナンスのしやすさなど、ちゃんと吟味して選ぶのがベストです。カタログやサンプルを取り寄せて、メリット・デメリットを比較しながら考えることをおすすめします。

サイディングの
より詳しい情報はこちら!

商品案内

その他のコラム