1. Home
  2. 私たちの「きれいな壁。」
  3. 金属よ、リアルを越えろ。[DanサイディングiD塗装・隠目地]
たとえばこんな「きれいな壁。」

金属よ、リアルを越えろ。

[DanサイディングiD塗装・隠目地]
金属よ、リアルを越えろ。[DanサイディングiD塗装・隠目地]

軽量で建物への負担が少なく、断熱性や耐凍害性も優れたD a n サイディング。性能が評価される一方で、長年の課題と言われてきたデザイン性を高めるために。業界に先駆けて導入した、2つの技術とは。

味気ないデザインをなんとかしたい。

煉瓦柄だけど、なんだか絵が描いてあるだけみたい。木目柄なんだけど、やっぱりどこか金属っぽい。今までの塗装技術では色数に制限があり、風合いや温かみなどのリアルさに欠けてしまう。金属サイディング(Danサイディング)は機能重視だから、デザインはしょうがない・・・。そんな印象を払拭するために、Danサイディングで導入したのが新しい塗装技術「iD塗装」でした。

※「iD」とは、「infinity」「imagination」「Dynamic」「Design」の頭文字をとった造語です。

味気ないデザインをなんとか。
従来のデザイン(いずれも廃番品)

デザインの可能性を拡げる新・塗装技術。

「iD塗装」は、オフィスなどで使われているカラープリンターと同じような方法で色や模様をプリントする塗装技術です(インクジェットプリントと言います)。ベースの鋼板に目に見えないほど微細なインクの玉を吹き付け、複雑なデザインも高精度に描き出すことができます。たとえば木目柄のリアルな色ムラや、煉瓦柄の温かみのある風合いなど。自然なグラデーションや、はっきりとした輪郭などを美しく再現できるようになりました。

プレシャスウッドIISF
プレシャスウッドIISF
カジュアルブリックSF
カジュアルブリックSF

高度な再現性を活かした表現へ。

たとえば、ところどころに錆(さび)を施したラフな印象のデザインや、従来にないような彩り豊かなカラーリングのデザインなど。今までとはひと味違う「iD塗装」ならではのデザインも続々と登場。今までにないような斬新な発想のパターンや、海外のトレンドを意識した色調など、デザインの可能性を大きく拡大しています。

錆(さび)調デザイン(ソリッドボーダー Ⅱ SF)
錆(さび)調デザイン
(ソリッドボーダー II SF)
カラフルに仕上げた石柄(セドナSF)
カラフルに仕上げた石柄
(セドナSF)

壁面全体としてもリアルさを追求。

サイディングの板本体だけでなく、壁面全体として“きれいな壁”であるために。サイディング同士の継ぎ目部分(かんごう部)を、すっきり仕上げる「隠目地(かくしめじ)」を開発しました。サイディングの板を組み合わせた際に、継ぎ目部分に入る線(目地)が目立ちにくく、デザイン性を損なわない美しい仕上がりに。細部まで徹底的にこだわり抜いて生まれた、Danサイディング隠れたポイントです。

錆(さび)調デザイン(ソリッドボーダー Ⅱ SF)
継ぎ目が目立つ旧仕様
カラフルに仕上げた石柄(セドナSF)
継ぎ目すっきり「隠目地」