文字サイズ
小
大

カタログ請求

文字サイズ    
住宅外観スタイルガイド 『美住』
住宅外観基本スタイル
外装材のトレンド情報
外観コーディネイトの手順
住まいとエコ

住まいとエコ

エコに気を配った外観について考えてみました

環境共生は、私たち誰もが取り組まなければならない地球規模のテーマです。住宅外観やエクステリアデザインとエコの接点について考えてみました。

1 自然素材の色〜ナチュラルカラーを大切にしましょう

ナチュラルカラーにはこんなメリットがあります!!

1 流行に左右されない基本色であること
長期に渡って使われてきた色を基本色や定番色と呼んでいます。ナチュラルカラーは日本人の生活の中で親しまれてきた基本色なので、流行に左右されにくく、飽きが来ないという特徴を備えています。
2 自然環境の色なので景観になじむ
伝統的に日本の住居は土や木、植物繊維などの自然素材でできていました。こうした自然素材の色は、日本人の好みに合い景観ともよく調和します。
3 コーディネイトしやすい
ナチュラルカラー同士は、色相が近いので互いに相性が良く、組み合わせた時も無理がありません。個性やスタイリッシュ感を表現するには張り分けや対比の効果を使います。

代表的なナチュラルカラー

2 夏場は日除けや緑のカーテンで省エネ

夏場の遮光、遮熱対策として日除けや「緑のカーテン」を作る家が増えてきました。
どちらもエネルギーを消費せず手軽に省エネ効果が得られ、植栽による遮光、遮熱は、景観にも潤いを与えてくれます。

2 夏場は日除けや緑のカーテンで省エネ

3 四季の日照を考慮する

ケヤキや桜などの落葉樹を日当たりのよい居室の近くに植えると、夏は日除けになり、冬は落葉するため日差しを遮りません。

【夏の陽差し】生い茂った葉が強い陽差しを遮ってくれます。【冬の陽差し】葉が落ちるので暖かな陽差しが入り込みます。

4 植栽の緑が映える外壁の色は、景観にもなじみます

White

特に春の新緑が映えます。

Ivory

和洋を問わず植栽になじみます。

Beige

洋風の色として使いやすい色です。

Sand Beige

植栽の色が自然に溶け込みます。

Camel

木目の色で植栽が自然に調和します。

Terracotta

色相対比効果で葉の色が際立ちます。

Cinnamon

土や砂の色のようになじみます。

Light Brown

幹の色に近く、葉の色が調和します。

Brown

明度対比効果で際立ちます。

このページのトップへ