窯業AT-WALL 金属Danサイディング 新着情報 商品ラインナップ おすすめ情報 商品の性能と特徴 施工例 AT-WALL 適用地域区分

おすすめ情報

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大
  • 色あせにくく、美しく。
  • もっと美しく機能的な外壁へ。
  • 安心の充実した品質保証システム。
  • 汚れにくく、落ちやすい。
  • つなぎ目を目立ちにくく。
  • 人と地球のために。

つなぎ目を目立ちにくく。

きれいな壁には訳がある[きれいな壁を実現する、AT-WALLのシーリングレス工法]

シーリング目地に比べて、板と板の間の継ぎ目が目立ちにくい 「シーリングレス工法」。シーリングが不要なので、シーリング切れや汚れの心配がありません。   通常の工法による継ぎ目は、経年劣化によってシーリング切れや汚れが目立つように。

三辺合じゃくり工法

三辺合じゃくり工法については こちら をあわせてご参照ください。


シーリングレス工法を可能にした独自の技術「四辺合じゃくり工法」をさらに進化させ、「三辺合じゃくり工法」を開発。横張りの場合一般に、AT-WALLの左右接合部にシーリング工事が必要ですが、この工法ではAT-WALLの短辺右側に合じゃくりを施し、専用の施工部材「カンシキくん」を使用することで、板間でのシーリングを不要にしました。また、出入隅部には専用の施工部材「カンシキくん」を、窓まわり部については「カンシキくん窓部材」を使用することでシーリングレスを可能にします。

イメージ

三辺合じゃくり工法+専用施工部材「カンシキくん」で施工すると横張りなのに板間をつなぐシーリング目地がない、美しく耐久性に優れた壁面が完成します。
新四辺合じゃくり工法

新四辺合じゃくり工法については こちら をあわせてご参照ください。


シーリングレス工法を進化させ、「新四辺合じゃくり工法」を開発。板間だけでなく出隅部も目地レス※になりました。この工法ではAT-WALLの四辺に合じゃくりを施し、専用の施工部材「カンシキくん」を使用することで、板間でのシーリングを不要としました。また、出入隅部には専用の施工部材「カンシキくん」を、窓まわり部については「カンシキくん窓部材」を使用することでシーリングレスを可能にします。

※ 出隅部はインナー出隅工法、カバー工法、同質出隅、それぞれの納め方をお選びいただけますが、建物の形状、柄特性によりご使用上の制限が有ります。

イメージ

新四辺合じゃくり工法+専用施工部材「カンシキくん」で施工すると横張りなのに板間をつなぐシーリング目地がない、美しく耐久性に優れた壁面が完成します。
カンシキくん 専用施工部材

シーリングレス工法を可能にする三辺合じゃくり工法・新四辺合じゃくり工法専用の機能付き施工部材です。

※換気口まわり及びサッシの種類、本体の割付けによってシーリング納まりとなる部位があります。
※通気軒天見切りを使用しない場合の軒天井部分など一部シーリングを使用する箇所もあります。
※窓まわり部は充てんシーリングが必要となります。
※「カンシキくん窓部材」を使用しない窓まわり部はシーリング納まりとなります。
※継ぎ目での柄の連続性の見え方は、商品や施工の状況により異なります。 

商品ラインナップ

  • 色あせにくく、美しく。
  • もっと美しく機能的な外壁へ。
  • 安心の充実した品質保証システム。
  • 汚れにくく、落ちやすい。
  • つなぎ目を目立ちにくく。
  • 人と地球のために。

このページのトップへ